水のない不思議なお風呂、噂の薬石浴とは……

日本では、古来より風呂や温泉に入浴することは身体を清潔に保つための習慣であり、生活に密着した心身を癒し、健康を回復する場でもありました。この風呂や温泉といった<温石>という方法での入浴法から発想を転換して、石を温める<温石>という方法での入浴法として生まれたのが『薬石浴』です。
心地よい温度に温められた玉砂利状の15種類の天然鉱石(薬石)に源泉100%の温泉水をかけると天然ミネラルを豊富に含んだ水蒸気が発生し、室内を満たします。45℃に保たれた室内で玉砂利の上に横たわると、温度からは想像も出来ないくらいの大量の発汗作用が得られます。
『嵐の湯』は水道水を一切使わず、天然温泉水のミストとミネラルを多く含んだ15種類の薬石に浴衣のまま横になる岩盤浴スタイルをご提供。この入浴法は細胞を活性化し、さまざまな症状にお悩みの方にもお勧めします。

岩盤ではなく薬鉱石を使用

嵐の湯は一般的な岩盤風呂と異なり、身体に良いミネラルを多く含んだ15種類もの薬石(粒状)を敷き詰めて使用しています。

天然温泉を使用した加湿方法

通常、水道水を加湿器により蒸気化するのを、嵐の湯では天然温泉水を温められた薬石にかけた蒸気で加湿するため、より健康的です。

薬石と天然温泉水の相乗効果

薬石と温泉水の含まれる大量のミネラル成分が浴室いっぱいに、まるで嵐のように充満。他の岩盤浴との違いが体感できます。

自然治癒力を高めます

嵐の湯では鉱石ミネラルで体内活力を蘇生させ、自然治癒力が高まり病気になりにくい身体になる効果が期待できます。

お肌スベスベ! 美容効果

嵐の湯で出る汗は皮脂腺からも出ます。体内の有害物質を排出し洗い流せば、まるで垢スリをしたかのように肌もスベスベに。

小顔やダイエットにも効果的

嵐の湯は発汗作用が非常に高く、新陳代謝が活発になります。脂肪が燃焼しやすい体質になり、小顔やダイエットにも効果的です。

嵐の湯 三郷店の流儀は、「山形東根温泉たびやかた嵐湯」と「秋田玉川温泉湯治館そよ風」の伝統技である、天然温泉の『洗いながし流』『かけながし流』です。「天然温泉の洗いながし流」とは、お客様お一人お一人をご案内する度に、天然温泉100%の源泉で床の薬石を圧力ホースで洗いながします。さらにお客様が涼み処に移動した際、スタッフが素早く薬石を手でならし床を整え、薬石を天然温泉水をシャワーホースでかけながし、常に清潔を心掛けます。これが「天然温泉のかけながし流」。この天然温泉の「洗いながし」と「かけながし」の組み合わせが、清潔を保ちながら嵐の湯室内に薬石と天然温泉のミネラルを一杯にさせ、お客様に最高のデトックスとリラクゼーションをご提供いたします。ぜひご体感ください。